【30代~40代】疲れが取れない経験│デスクワークが多い人

寝ても疲れが取れない。。
でも、予定があるから出かけなくちゃ!
仕事が終わらないから頑張らなきゃ!

年齢や日常の生活変化とともに、
学生の頃とは違う身体の疲れ。

ごまかしごまかし、まだまだ大丈夫!だなんんて、
頑張っていると、大切な寿命が縮む恐れがあります。

疲れが取れないのは体力が落ちたからなのか?

仕事をするようになると、どうしても仕事中心の生活になります。
ジムに通ったり自発的に運動をする機会を作っていれば、
体力の低下は防げますが、なかなか仕事で疲れた体に運動はきついものです。

ただ、疲れが取れないから、急に運動することは、
オススメできないことがあります。

もし、あなたがこれまで運動を数年長らく休んでいたならば、
運動ではなくて、まず正しい【睡眠】を取れているのか
確認することが大切です。

筋肉が凝り固まってると、正しい姿勢で眠れません。
寝ているのに、疲れが取れない原因になります。

筋肉の凝り固まりは、
デスクワークですと骨盤まわり、背中が固まり、
前の筋肉との筋肉バランスが崩れます。

また、単に生きることは重力に逆らっているし。
座る動作は、楽なようで、負担が大きいし、背骨が歪みやすくなってしまうのですね。

仕事中にできそうな体制

デスクワーク中の姿勢を ひと工夫してみましょう。

1、骨盤が後ろに傾むくように椅子の背もたれによっかかる
2、お腹とデスクの間に丸めたタオルやブランケットを挟んで
お腹に押し当ててデスクワークをする

タオルやブランケットを挟むことで、前側の筋肉が動くようになるので、
前と後ろの筋肉を使う事で、背中の緊張もほぐれてきますので、
睡眠の質が良くなってくると思います。

たまに、パソコンを見るのに夢中になって前かがみになる人がいますが、
前のめりになると内臓を圧迫してしまい消化不良等、良いことはありません。

また、前側の筋肉は使うことが出来ませんので、何も変わりません。

背もたれに背中をつけることが大切だったんですね~
とっても簡単なので、明日から実践してみましょう♪♪

身体のほぐれを感じたら、

軽めの有酸素運をしてみましょう。

お金をかけてジムに通うよりは、
自宅の周りを1時間くらい10分走って、10分歩いてを繰り返すだけでも効果があります
週2回ペースで、一月は続けてみてくださいね。

身体への負担を少なく、少しずつ体力、筋肉を取り戻していくと良いと思います。
疲れすぎたり辛いと継続しないし、急に走ると足を痛めます。

痛い時はすぐにやめて、専門医へ相談するか、痛みが治まるまでは控えましょう。
次に走る時、走るフォームを見直して、姿勢に問題が無いか、走る時に足が内またになっていないか、
気を付けながら走ってみましょう。

内まただと股関節に痛みが来る事があるし、猫背だと膝への負担が強くなることがあります。

無理せず健康に楽しく明るく過ごせますように☆
働き盛りの悩み多きアラサーアラフォー女性を応援しています♪

コメントを残す