バイナンス(binance)に上場するICO│トークンセールが熱い!

バイナンス(binance)のトークンセールって何?

世界最大級の仮想通貨取引所と言われているバイナンスがBinance LaunchPad(バイナンスローンチパッド)という、バイナンスのサービスで、トークンセールを行っています。

世界最大級の仮想通貨取引所でもあるバイナンスがトークンセールを行っているので、大注目されています。

実は、2017年から行われていたのですが、仮想通貨に対する規制等の影響もありサービスは活発に行われていませんでした。が!2019年1月現在、トークンセールがおこなわれました!!

日本ではまだ、仮想通貨に対する印象が、たまたま儲かる投資~なんて思っている方が多いですが、世界は仮想通貨、暗号通貨、暗号資産の動きに活発に動き始めており、2019年にはより活発になっていくのではないかと予想している人が多いようです。

 

▼Binance(バイナンス)公式ページ▼

バイナンス公式ページはこちら




トークンセールってなに??

トークンセールについて、わからない方に簡単にご説明します。

ある仮想通貨が始まるとき、独自に作ったトークンを広く販売して、事業資金を集める方法です。

 

バイナンスも、「BNB(バイナンスコイン)トークン」をトークンセールで販売して資金を集めました。

2017年7月に発行され、約半年で約250倍の価値になりました。

 

2月25日に販売されたトークン、FETトークン(Fetch.AI)は、22秒で完売となりマッハで売り切れたと話題になっています。

2万4000人が\事前に登録し1万9860人が買い注文を出し、今回の販売上限である600万ドル分は、2758人しか購入できなかったほどの注目のトークンセールだったようです。

Fetch.AIのプロジェクトは、世界人工知能や機械学習の技術を利用した分散型デジタルネットワークの構築を目指しており、トークンそのものも期待の高いものだったとも言えます。

 

バイナンス(binance)のトークンセールに参加するには?

今すぐトークンを買わない人でも、注目度の高いトークンがいつ出てくるかはわかりません。

22秒で売り切れてしまうような人気トークンが出てきたとき、登録している間に売り切れてしまうこともありますので、

いつでも自分のタイミングでトークンセールに参加できるように口座の登録をして準備しておくといいかもしれませんね。

▼Binance(バイナンス)公式ページ▼

バイナンス公式ページはこちら