働き女子が仮想通貨(ビットコイン)と付き合っていく方法とは?

働き女子が仮想通貨と付き合っていく方法は?

仮想通貨、ブロックチェーン、ICO、マイニング・・・分からない言葉ばかり。

流行っているし、副業にしている人もいる。私もやってみたいけど、全然分からない言葉が山ほどある。。

 

大丈夫です!

1つずつ、覚えていくと、全体像が分かるようになります。

 

仮想通貨とは、お金と同じで、商品を買ったりできるデジタルデータの事です。

電子マネーと似ています。

大きな違いは、発行主体が無いこと。

誰かが【価値】を保証してくれているわけではない。と言うこと。

その代わりに、ブロックチェーンという技術があって、

全ての取引を記録して【偽造・改ざん】ができないようにすることで、【価値】を保証しています。

なんだか腑に落ちない感じもあるかもしれませんが、

まずは、そういうもんなのね、くらいで覚えおくと良いと思います。

仮想通貨の価値・メリットの理由

日本で家族も日本人で、日本国内で両親も友人も国内にいる人だと、あまり意識しないかもしれませんが、

国境を越えて通過をやり取りする時、時間がかかるし、手数料も高くつきます。

ある銀行では、アメリカ→日本の通貨の移動で、約5000円の手数料がかかります。

仮想通貨(デジタルデータ)を利用すと、短時間で送れし、手数料も安く済みます。

※ただ、仮想通貨の取引所によっては、混雑していると2~3日かかることもある
※手数料も、高くつく取引所も稀に存在する。

まだまだ仮想通貨の市場は成長過程ではありますが、瞬時に世界中に送金できる仕組みが

国土の広いアメリカや、国外に出稼ぎに来ている人からすると、とてもありがたい仕組みなんです。

日本で稼いだお金を→地元の国の家族に手数料安く、すぐに送金してあげる。

そんな思いが叶うんです。

そんなメリットに期待して、ビットコインを買う人が増え、

買う人が増えると、ビットコインの価値がどんどん上がります。

価値が上がり、【億】を稼いだ人も現れました。

 

今はビットコイン以外にも仮想通貨は1500種類以上存在するほどで、

どんどん増えています。

ビットコインのような、価値変動に注目し、投機する人も多く、

短期間で利ザヤを稼ぐ人が多いのが現状です。

仮想通貨を持つには?

仮想塚を買ったり、売ったりできる口座を作る必要があります。

仮想通貨の取引ができる【取引所】に銀行の口座を作るような感じで、

個人情報や、免許証等の本人確認書類を提出して開設するのが一般的です。

開設ができたら、銀行から【取引所】にお金を入金すると、仮想通貨を買うことが出来ます。

買った通貨は売ることもできますし、日本円に戻して自分の銀行口座に送金することもできます。

本来の仮想通貨のメリットを生かすなら、【取引所】から別の口座(友人や家族等)に
送ることも可能です。

※手数料は、海外送金するよりは安いことが多いですが、【取引所】によって価格が異なります。
送金する際は、事前に確認をしましょう。

今後は、仮想通貨の価値はあがるの?

メリットの部分に注目すればわかるように、
仮想通貨なら銀行経由で海外に送金するより手数料が安く早く送れます。

大きなメリットですね。

ブロックチェーンという技術は、仮想通貨だけではなく、

医療情報の記録や、不動産の登記の記録等にも応用しようという話も出ています。

今後、仮想通貨の存在は、世界的に大きくなる可能性は秘めていると思います。

ただ、まだまだ、私たちの生活で気軽に使える程、取り扱う法律に課題があったり、
取引所から仮想通貨が流出してしまったり、不安定な状態が続いており、
ビットコインの価値も乱高下しています。

だからといって、興味を持たないのは、もったいない。と思っています。

幅広い分野で使われることも期待されておりますから、

期待を持ちつつ、今は【儲ける】と言う視点ではなく、勉強の為に持つと良いと思います。

少し仮想通貨を買ってみると、世の中の変化に興味を持つことができます。
投資の勉強にもなります。

興味を持ち続けることで、世の中の動きを身体で覚えることが出来ますから、
儲けるチャンスを見逃さずに済むかもしれません。

買うのはまだちょっとな・・・、と思うあなたは、
無料で出来る取引所への登録だけをして、
ビットコイン動きを毎日みるだけでも、勉強になりますよ。

登録さえしておけば、いざ、と言う時に、購入することが出来ますから、
損はないと思っています^^

登録してすぐ覚えられるものじゃないので、
お金をかけずに、少しずつ勉強してみることは皆に取り組んでもらえたらなと思います♪

コメントを残す